5年落ちの中古でi-MIEVを購入しました。乗ってみると誤解や意外な特典がいっぱい!!EVを検討されている方々、燃費にお困りの方などに自分が体験していることをリアルに皆さんに届けていきます。

NV350キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載 グランピングカーを見てきた!

スポンサーリンク




 
こんにちは初心者EV乗りのもっとです!

 

幕張メッセで今日までやっていた、「ジャパンキャンピングカーショー 2017」に行ってきました!

 

実はキャンピングカーを一瞬持っていたんです。諸事情により手放してしまいましたが!←i-MiEVが欲しかったところも大きいですね(笑)

 

キャンピングカーにも興味がある自分が考える、理想的なキャンピングカーはEVのキャンピングカーだと思っています。というかEVに出会ったため、強烈にそう思う様になりました!

 

特に、室内で電気を使うことが多いキャンピングカーにとってEVの大きなバッテリーは魅力的です!寝ている間にエアコンが静かに使えます。これは非常に大事なことなんです!

 

 

と思っていたら、なんと日産がリーフの電池を積んだキャンピングカーを出品しているそうじゃないですか!!!!

 

しかも、事前登録をすると「ジャパンキャンピングカーショー 2017」への入場も無料とのことで行かない理由がなくなりました!(笑)

 

 

初めて行きましたが、大にぎわいでした!

 

キャブコン・バンコン・軽キャン・バスコン・トレーラーみんなありました!そして、ワンちゃん連れている人がいっぱいでした〜

 

車✖️犬の組みまわせは他のショーでは見ないですね!(笑)

 

 

NV350キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載 グランピングカー

 

でこれが、そのリチウムイオンバッテリーが載っているバンコンタイプのキャンピングカーです!

このクラスはハイエースが一人勝ち状態なので、日産も力を入れ始めたんでしょうね。

 

中は最近の流行りのラウンジタイプです。Bピラーの後ろ側の椅子下にバッテリーが入っているようです。

後ろにシンクや冷蔵庫などがレイアウトされていました。しかし、このキャンピング架装はあくまでビルダーさんが作る部分であり、日産自動車は車とバッテリーシステムのみの販売になるそうです。

 

リチウムイオンバッテリーのSPEC

・総電圧 | 360V

・定格出力 | 2.0kw

・総電力量 | 12kwh

・充電 | 単相交流 100V

・充電時間 | 8時間

 

リーフの半分の容量の電池ですね!おそらく、リーフのリチウムイオンバッテリーのセルを流用していると思われますが、その辺はわかりませんのであくまで推測です。

 

引用:http://www.jccca.org

一般的な家の消費量はエアコンを使って18.5kwhだそうです。エアコンを使わなければ約11kwhだそうなので、小さい車ではそんなに消費することもないことから、1日十分に使えそうです。

 

 

充電方法

車両右中央部にあるポートより100Vコンセントに接続します。この辺を電気自動車用の200VジャックやChademoの急速充電ジャックなどをつけてあげると、スーパーや道の駅やPA,SAなどで充電しやすいので、利便性がましたような気がします。

走行中の充電はないそうなので、完全に車両とは切り離されたシステムです。

 

 

2017年度中に販売するそうです。お金に余裕がある方にはオススメです!僕には手が出ませんので、妄想に留めておきます(笑)

 

 

番外編

あとギャグチックでしたがテスラのモデルSで車中泊できるようにした簡易的なものも展示されていました!

 

ちょっと無理がありますが、1人なら快適に寝れそうでした!バッテリーに余裕があるテスラですから電源入れて、エアコンをかけて静かに快適に一晩過ごせそうですね!

 

 

今日は久々に父親がリーフに乗らなかったので、借りれました〜

余裕がありますね。いい車だ。

 

帰りに、隣のイオンで充電がてら買い物して帰ってきました!充電場所もかなり争奪戦になってます・・・

 

 

リーフ3台にi31台です!

幕張イオンは普通200V充電器がこの他にも増強されたんですが、一般車の駐車スペースと兼用部分のため、ほとんど使えないんです。休日には意味のない投資になっていますのでこれからの運用方法に期待したいところです。

 

スポンサーリンク




 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*