5年落ちの中古でi-MIEVを購入しました。乗ってみると誤解や意外な特典がいっぱい!!EVを検討されている方々、燃費にお困りの方などに自分が体験していることをリアルに皆さんに届けていきます。

i-MiEVが軽自動車から普通車へ?

スポンサーリンク

 

こんにちは電気自動車ブロガーのもっとです。

 

 

 

三菱自動車からちょっと不可解な発表がありました。

 

なんとi-MiEVのマイナーチェンジで前後バンパーのデザインを欧州仕様と同じものにして、普通車として売り出すと発表されました・・・

 

 

 

 

しかも廉価版のMはなくなり、事実上東芝製Scibのバッテリーを搭載したモデルが無くなりました。

 

性能面では軽自動車時代のi-MiEVとなんら変わりがありません。定員も4人のままです・・・

 

 

 

黄色いナンバーが嫌

 

引用:https://www.keikenkyo.or.jp/procedures/procedures_m_000362.html

 

そんな人が結構多い事も事実なので、理解はできるんです。しかし、最近では「ラグビーワールドカップナンバー」や「オリンピックナンバー」の登場で、嫌な人は1万円弱でそちらを選択できるようになりました。

そこで、税金を多く払って乗る人がいるんでしょうか?

 

大概、そういう考えをする人は、「軽の質感が嫌だ」とか「サイズが小さく事故が怖い」と言って買わない人が大多数だと思います。

 

 

最近の三菱の傾向

 

 

アウトランダーPHEVの2.4L化に始まり、i-MiEVの普通車化・・・

 

国内での販売はほぼ無視なのでしょうか?

 

急速な電動化の影響で、海外からの需要が多く、そちらの販売に注力していることは分かります。でも、国内バージョンは別でも良いんじゃないんでしょうか?

 

やはり、そこまで生産に体力が残っていないんでしょうね。もしくはゴーンの指示なのか・・・

 

ディーラーでは売る車がなく、困っている事でしょうね。

 

 

 

 

これ以上、軽の中古i-MiEVが増えることは無くなりました。i-MiEVは中古で探さないといけません!!

 

 

スポンサーリンク

 


Comments (2)
  1. 平田哲 より:

    今日充電のついでにマイチェン後のパンフレットを貰ってきました。
    前から欧州仕様のバンパー付けたいなぁ〜と思っていましたがついに日本でも販売!・・・
    しかし、このバンパーを付けると全長が増えてしまうのですね?
    ネットでも外国から取り寄せて付けている方が時々おられる様ですが車検は大丈夫なのでしょうか?
    ちなみに軽自動車では無く普通車扱いになるそうですが、自動車税はどのクラスになるのでしょう??
    だけどカッコいいですよねぇ。

    1. もっと より:

      全長が増えてしまいますので、軽自動車として登録は出来なくなってしまいます。

      車検の度にバンパーを交換すれば、問題ないとは思いますが、一応違法行為なので…

      税金は1000cc以下ですので、29,500円になります。非常にあほらしいです。
      電気自動車は13年経過しても1割UPしないそうなので、永遠に2万円ほど高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*